娯楽番組集中講義第14回
ダウンタウンの
ガキの使いやあらへんで

日テレ系毎週日曜日22:55〜23:25


1989年10月に始まったこの番組も10年を過ぎ今年の秋で20年目に入る長寿番組となった。番組開始当初はまだ東京進出を果たした直後のダウ ンダウン。漫才を離れ、今は司会が多い彼らにとってダウンタウンのエキスと原点のお笑いを楽しめる唯一の番組だ。一時期ダウンタウンの番組が乱発し雑な作りで短期終了した多くの番組が ありながらも、この番組だけは孤高を守り続けた。

特に企画を松本人志が手がけていることもあって企画に当たり外れがありながらもセンスの良さには脱帽である。この番組は地味に関西若手芸人やベテラン芸人の面白度を計測出来るので、特に若手の場合、モリマン、森三中など全国区で試さている側面もある。個人的には「ハイテンションベストテン」が好きである。

また芸人以外の登場キャラクターも味を出し、ヘイポーやキスおばちゃん、今夜がヤマダ、アフリカ中央テレビスタッフ等裏方の活躍も大きい。

また名物コーナーも生み出し「チキチキ○○」企画や「対決シリーズ」「対決シリーズ罰ゲーム」などは常連企画となり季節物企画も盛り込み飽きさ せない。今や彼らのフリートークが聞けるのもこ の番組だけ。往年の漫才を思わせるトークが懐か しい。センスで生き延びてきたこの番組。この10 数年の間にバラエティ番組の業界状況も様変わり し、この番組がバラエティの王道的存在にまで至った。ぜひ孤高を守り続けて欲しい。

最近はフリートークが無くなり企画1本で30分通すことになったがフリートークが聞けないことは残念でもあるが企画でその分大いに楽しませて欲しい。

 

ダウンタウン関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンターへ

第15回エンタの神様へすすむ  第13回 バラエティー生活笑百科へ戻る

お笑い総合大学トップページへ戻る お笑い番組集中講義トップに戻る