娯楽番組集中講義第20回
新婚さんいらっしゃい
朝日放送系 毎週日曜日
放送開始1971年〜
関西地方制作のテレビ番組では「素人夫婦・カップルモノ」の数多いヒット番組が輩出されているが、その代表格である番組。昨年6月には「単独司会世界最高記録(※)」としてギネス申請の準備も行った。桂三枝自身もこのほか「パンチdeデート」「アイラブ爆笑クリニック」など素人恋愛モノを他にも経験する。

桂三枝のパートナーであるアシスタント役は現在の山瀬まみで7代目。過去には江見早苗(故人)・梓みちよ・ジェーンシェパード・片平なぎさ・岡本夏生・渡辺美奈代という歴史を持つ。

応募規定は新婚1年以上の夫婦とされ、各地方の予選会を勝ち抜いた夫婦が番組に毎週2組ずつ出演し、トークを行い、ハワイ旅行を懸けて神経衰弱ゲームを行う。予選を勝ち抜いてきた夫婦は異色のカップルが多い。ダンナがハゲ、デブ、異常に年の差がある、地元なまりが極端に強い、などなど。また、素人いじりの天才と称される桂三枝の歴史でもある番組。師のギャグ「いらっしゃーい」はもちろんここから派生する。 三枝がイスから落ちるのもこの番組の名物となっている。最後の神経衰弱ゲームでも「イエスノーまくら」などが名物景品として顔を並べる。ハワイ旅行の該当景品が「たわし」である確率が異常に高いのも名物か。現在はカプセルの中をフワフワ空気で回っているボールを取ってボールの色でハワイ旅行、現金30万円、豪華景品、タワシが当たるゲームに変更になった。

30年を超える長寿番組ではあるがマンネリを物ともせず未だに、出たがっている新婚夫婦は日本中に後を絶たない。子供の頃「新婚さん〜」を見て育った人達が結婚適齢期に達したのも人気に衰えが無い理由になっているのだろうか。とにかくまた絶え間なくオモシロ夫婦がまた飛び出してくる。

(※タモリの単独司会世界最高記録は生放送の司会としての記録申請)
桂三枝関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンターへ

お笑い総合大学トップページへ戻る 娯楽番組集中講義トップに戻る