お笑い番組集中講義 第5回
(20世紀お笑い殿堂シリーズ)
「おれたちひょうきん族」
(昭和56年〜平成3年放送)
土曜の8時を圧巻していたドリフに対抗して、昭和50年代後半の漫才ブームの流れをそのまま持ってきた番組。ドリフの「子供的笑い」に対抗して、「大人の笑い」を持ち込むことで差別化を図った。漫才ブーム以降のこの頃から「バラエティーのフジ」の異名を発揮することになるきっかけの一つを作った番組。

数々のギャグを生み出すとともに「タケチャンマン」をはじめとするキャラクターを次々と世に送り込んでは旋風を起こした。そして「8時だよ全員集合」、その後継の「加トちゃんけんちゃんごきげんテレビ」と激しい視聴率競争を繰り広げる。

また、エンディングでEPOやユーミンの曲を使うなど、あくまでスマートさを出すなどバラエティー番組の新境地を開き今までに無い物を持ち込んだ功績は大きい。当時のプロデューサーは現在吉本興業東京支社長の横澤彪氏。

日本ギャグ辞典で更に詳しく学ぶ
JGDB21〜27(ひょうきん族特集)
       
その他の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンターへ

第6回笑点へすすむ  第4回8時だよ全員集合へ戻る

お笑い総合大学トップページへ戻る お笑い番組集中講義トップに戻る