JGDB100〜104 若手特集1




JGDB-100
 
演者:三瓶
ギャグ名:三瓶です
カテゴリー
吉本興業
記念すべき100個目のギャグは若手伸び盛
りの三瓶です。最も真似しやすい誰でも出来る
手軽さと、その単純さに尽きる。ただ体の揺ら
し方と滑らかな手の動きを連動させないと、う
まくいかない時もあるので注意。


JGDB-101
演者:テツ&トモ  
ギャグ名:なんでだろう
カテゴリー
なし
ここも若手伸び盛り。彼らの代名詞となった
「なんでだろう」はメロディ付ということで定型
ギャグになりやすい。あの立川談志も絶賛し
た彼らの芸は最近ますます磨きがかかって
きた。手の動きは大変難易度が高い。テツ
の体の動きについては引き続き研究の余地
がある。




 JGDB-102 
 
演者:ダチョウ倶楽部
ギャグ名:聞いてないよー
カテゴリー
テレビ・太田プロ
彼らが一躍躍り出たのは「たけしのお
笑いウルトラクイズ」である。これで一
気に火がついた。クイズの罰ゲームを
試す実験台をたけしに命じられここで
彼らが言い放つ言葉。だがもう準備万
端というところが笑い所。 




 JGDB-103 
 
 演者:ダチョウ倶楽部 ギャグ名:ヤー
カテゴリー
テレビ・太田プロ
「たけしのお笑いウルトラクイズ」で人
気が沸騰して他の番組からもお呼び
がかかるようになった彼らが、登場時
に発する言葉がこれ。手を前に出し「
ヤー」と言うだけ。手軽なギャグである。




JGDB-104 
 
演者:堀内健
ギャグ名:ホリケンサイズ
カテゴリー
テレビ・太田プロ
「笑う犬」で飛び出した「ホリケンサイズ」
今や誰もが口ずさむほどにまで浸透し
た。「体育大」と書かれた衣装も笑える。
踊り方は、毎週画面隅に表示されてい
るので、比較的簡単に覚えられる。

各芸人の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る 日本ギャグ辞典TOPに戻る