JGDB11〜15 ドリフ特集1



JGDB-11
演者 該当なし ギャグ名「志村ー後ろー後ろー!」
 

カテゴリー
テレビ・ドリフ

志村けんが「8時だよ全員集合」のコントの
中で、後ろで展開されている恐怖に気がつ
かないふりをしているとき観客が叫ぶ叫
び声。正式には当時においてはギャグでは
ないが「8時だよ全員集合」の放送終了
以降、年を重ねるにつれ往年のドリフを懐
かしむ世代の間ではちょっとしたギャグとし
て用いられることがある。歴史が生んだギ
ャグでもある。正式にギャグとして用いたの
はダウンタウンの松本人志が最初と思わ
れる
 
JGDB-12
演者 加藤茶
ギャグ名「ちょっとだけよ。あんたも好きねー」
 
カテゴリー
テレビ・ドリフ
「8時だよ全員集合」の中で加藤茶がストリ
ップ嬢のマネをして、発する言葉。あの音
楽は地方のさびれたストリップ劇場では今
も聴くことが出来るという。また場内でピン
ク色のスポットライトを浴びるところがより
その場を盛り上げる。「8時だよ全員集合」
がPTAから俗悪番組と集中砲火を浴びる
ことになったきっかけを作った名誉あるギ
ャグ。
 
 JGDB-13 演者 いかりや長介 ギャグ名「おいーっす
 
カテゴリー
テレビ・ドリフ
いかりや長介が「8時だよ全員集合」
のコントの最初で、観客との融合を積
極的に進める為に発する言葉。舞台
と観客が身近になり、より融合が図ら
れる効果的ギャグ。当時生放送で放送
されていた臨場感がテレビを通しても
伝えられるようにとの思惑も強い。また
、これによりドリフのリーダーはいかり
やであることを子供に認識させる意味
合いもある。
 
  JGDB-14 演者  (主に)加藤茶 ギャグ名  「ビバ ノンノン」
 
カテゴリー
テレビ・ドリフ
正式通称は「ビバノン」。テレビで放映
されたものとしては「8時だよ全員集合
」バージョンと「ドリフ大爆笑」バージョン
の2通りがある。CDで発売されている
ものとして「いい湯だな(ビバノン・ロ
ック)」「ちょっとだけよ全員集合」があ
る。「8時だよ全員集合」エンディングで
のビバノンの替わりに「歯磨けよ」「宿
題やったか」と加藤茶が呼びかける恒
例のパターンに健全な青少年育成を呼
びかける狙いもあった。

 

JGDB-15
  演者 志村けん ギャグ名 「からすの勝手でしょー」
 
カテゴリー
テレビ・ドリフ
「8時だよ全員集合」の中の合唱団コーナ
ーから生まれたギャグ。コーナーが進んで
いるとお約束で観客席前方からカラスの人
形が出てきて、志村けんの指揮で、会場の
チビッコ全員と合唱するもの。正式な歌詞
は「♪カラス、ナゼ鳴くの。カラスの勝手で
しょ♪」何がおもしろいのかと言われれば
それまでだが、当時としてはやればウケる
そんな志村けんの絶頂期でもあった。
 
さらに詳しく学ぶ JGDB16〜20(ドリフ特集2)JGDB167〜172(ドリフ特集3)
娯楽番組集中講義 第4回「8時だヨ全員集合」第19回「ドリフ大爆笑」
ドリフ関連の本・CD・DVDはライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る  日本ギャグ辞典TOPに戻る