JGDB131〜135 吉本新喜劇特集5




 JGDB−131
演者 吉田ヒロ
ギャグ名 「まゆげボーン
 

カテゴリー 
吉本新喜劇

吉田ヒロの代表的ギャグ。全国ネットで
活躍していた頃も披露されていたので、
一般的認知度は高い。眉毛を両手でつ
か み前へ出すという極めて簡単かつ
単純に 出来るお手頃ギャグ。


 

 JGDB−132
演者 吉田ヒロ
ギャグ名 「乳クリマンボ」
 

カテゴリー 
吉本新喜劇

さて、実際音楽的に「乳クリマンボ」とい
うジャンルや楽曲は存在しない。これも吉
田ヒロの代表的ギャグだが、これは比較
的 難易度が高い。正式な歌詞は「乳クリ
マンボ乳クリマンボ乳クリマンボ、キュー
!!パッパパーパッパッパラッパ、パパパ
パ、キ ー!!」ポイントは2回発せられる
「キュー!!」 である。梅干を食べたような
酸っぱい顔を しながら乳首に当てた両
手を前に出す。 残りの部分は多少適
当な踊りでごまかせても「キュー!!」の所
は絶対規定通りでな れば効果が薄
いので注意。




 JGDB−133
演者 帯谷孝史
ギャグ名 「アホンダラアホンダラアホンダラ」
 

カテゴリー 
吉本新喜劇

おそらく関西以外では知名度があまり無い
のではと思われる帯谷氏。しかし、新喜劇
全国放送の際にはごくたまに姿を見せるの
で注視してほしい。いつも怖いヤクザ役が
はまり役の彼が口癖のように言う言葉がこ
のアホンダラの連発。ごくごく普通の一般
関西弁だがギャグになる程連発されている
ということ。こういう芸風の芸人さんは大
事にしたい。



 JGDB−134
演者 帯谷孝史
ギャグ名 「ポット(あ、ポットや!!)」
 

カテゴリー 
吉本新喜劇

再び帯谷氏。彼の特徴は高くて大きい鼻。
ポットにサングラスを乗せると彼そっくり
になるところから彼が登場すると必ずポッ
トが登場して彼と見間違うというお約束が
ある。


 JGDB−135
演者 辻本茂夫
ギャグ名 「ペリカン(あ、ペリカンや!!)」
 

カテゴリー 
吉本新喜劇

同じく身体的特徴がある辻本座長。以前は
アゴで「フランスパンかじってる」という
ことが多かったが最近は「ペリカン」と呼
ばれることが増えたような気がする。ちな
みに「あ、ペリカンや!!」などと言われると
「アゴや!!」(JGDB-54参照)という具合に
なる。



吉本新喜劇関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る   日本ギャグ辞典TOPに戻る