JGDB16〜20 ドリフ特集2



 JGDB-16 演者 いかりや長介
ギャグ名「だめだこりゃ」
 
カテゴリー 
テレビ・ドリフ
発信元は「ドリフ大爆笑」の中の名物コーナー「もしもシリーズ」からこのギャグは生まれた。もしもシリーズで、いかりやがオチ変わりに使う決めセリフ。いつも「ドリフ大爆笑」のトリを飾っていたこのシリーズも1990年代にはコーナーから外れる憂き目になる。「もしもシリーズ」の特徴として「高木ブー・中本工事は持ち時間が1分以内」そして「加藤・志村」で時間をたっぷり取るというのが通例。特に志村のこのコーナーでの役作りが彼の芸風を極める結果となったと思う。
 

 JGDB-17
演者 荒井注
ギャグ名「なんだバカヤロー」
 
カテゴリー 
テレビ・ドリフ
故人となった荒井注の代表的ギャグ。実はこの他にも「文句あるかよ」などの類似ギャグを放出しているが、公式に認められるものとしてはこのギャグであろう。主にオチの時の決めセリフで使うことが多い。彼の告別式では参列者がみんなで「なんだバカヤロー」と言って出棺を見送った。それくらいの代表的ギャグである。
 

JGDB-18
演者 荒井注
ギャグ名「ジス・イズ・ア・ペン」 (This is a pen.)
 
カテゴリー 
テレビ・ドリフ
場面は、荒井注が日本代表特使として国際
会議に出ている設定。そして外国の代表か
ら日本代表特使の発言を求められる。そし
て荒井注が各国代表から注目の目を集めな
がら、長いタメの時間を作り、発言するのが
このセリフ。彼がこの言葉を言い放ったとこ
ろでコント終了となる。彼のギャグには決め
セリフ的なものが常につきまとうが、それが
芸風だったのだろう。
 

  JGDB-19 演者 加藤茶 ギャグ名  「ヘックシュン」
(加トちゃんくしゃみ)
 
カテゴリー  
テレビ・ドリフ
クシャミネタをさせたら、まだ加藤茶が日本一である。だいだいコントの中では加藤茶が加トちゃんくしゃみをすると、くしゃみと同時にセットの一部が意図的に壊れたり、たらいやバケツが落っこちてくる設定になっている。黄金の方程式としては、ハゲ頭のヅラ・ステテコ姿で加トちゃんくしゃみをするパターンが一番笑いが取れる統計になっているようだ。最近はどのシチュエーションでもクシャミだけで笑いが取れる名人的伝説ギャグとなりつつある。


  JGDB-20 演者 加藤茶 ギャグ名 「加トちゃんペ」
 
カテゴリー
テレビ・ドリフ

加藤茶のギャグの中で比較的他より支持が
多いギャグである。その理由としては、手軽
に誰でも出来る。チビッコでも真似できや
すい。あまりおもしろさはないものの広範な
支持が集まる所以である。加藤茶全体の歴
史で行くと新しい部類の方に入るギャグで
ある。これもやはりハゲヅラ・ステテコ姿でや
ると効果倍増である。

※(訂正)「加トちゃんぺ」はドリフが「ホイホイミュージックスクール」(NTV)に出演時の1960年代前半頃にやりはじめたギャグであることが判明しました。上記の「新しい部類の方に入るギャグ」は間違いです。(資料:いかりや長介著:「だめだこりゃ」より)


さらに詳しく学ぶ JGDB11〜15「ドリフ特集1」JGDB167〜172「ドリフ特集3」
娯楽番組集中講義第4回「8時だヨ全員集合」娯楽番組集中講義第19回「ドリフ大爆笑」
ドリフ 関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る  日本ギャグ辞典TOPに戻る