JGDB1〜5 吉本大御所特集



JGDB−1
演者 横山やすし
ギャグ名 「メガネメガネ」
 
カテゴリー 漫才

やすきよ(横山やすし・西川きよし)
の漫才の中で、きよしがやすしのメ
ガネを放り投げ、やすしが床をさす
るようにメガネを探し回るというもの
。ポイントは顔は正面を向き、目を
つぶりながら、手を泳がせる。この
ときの顔の表情がポイント。実際本
当にやすしが「メガネメガネ」と言っ
て探していたかは定かではない。

JGDB−2
演者 西川きよし
ギャグ名 「目玉落としてしもうた」
 
カテゴリー 漫才
やすしの「メガネメガネ」に対抗して、きよしが後ろから頭を殴られたときに使用するギャグ。認知度は圧倒的にやすしの「メガネメガネ」だが、きよしの大きい目玉をきちんと生かしたギャグ。漫才の中よりもフリートークの中で飛び出すことが多い。

JGDB−3
演者 西川きよし
ギャグ名 「小さなことからコツコツと」
 
カテゴリー 漫才
正式にはこれはギャグではない。氏の参議院選挙初当選の時のコメントの一部である。これをいろいろな人がモマネしているうちに氏のモノマネの常套句となりつつある。初当選直後はブームのように使用された。ギャグというより流行語の部類

JGDB−4
演者 桂 三枝
ギャグ名 「いらっしゃーい」
 
カテゴリー テレビ
もうおなじみのこのギャグ。しかし出所
が「新婚さんいらっしゃい」であることを知らない人が結構いるという。やり方は、顔の前に手をかざし、髪をかきあげるようにし、顔を下から上に持ち上げる。(応用)手をかざさず頭だけ下から上に持ち上げると近藤正臣のモノマネが出来る。「近藤ーです」

 JGDB−5
演者 桂 三枝
ギャグ名 「およよ」
 
カテゴリー テレビ
関西のテレビ好きな人ならすぐわかるギャグ。主に桂三枝が素人さん向けに使う。意味は「ありゃまあ」といった具合か。今はあまり聞かれないが、桂三枝が司会業の絶好調だった時代に乱発されたものと思われる。
 
吉本大御所関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

 
お笑い総合大学TOPに戻る  日本ギャグ辞典TOPに戻る