JGDB267〜276 吉本若手特集2



JGDB−267

 演者 トータルテンボス

ギャグ名 「しのびねえな、かまわんよ
 

カテゴリー
吉本興業

漫才の中で設定コントに入る時、藤田が「しのびねえな」とお礼を言い、大村がそれに対し「かまわんよ」と返すもの。渋谷系漫才とも言われるが古語を使うのもトータルテンボスの漫才のパターン。
「ご存知?」「存じねえよ」と敬語を使う時もある。


 JGDB−268

演者 藤田憲右
(トータルテンボス)

ギャグ名 「ハンパねえ
 

カテゴリー
吉本興業

トータルテンボスの代表的フレーズ。藤田が使うものだが、ヒートアップする藤田に対し大村が「おやおや穏やかじゃないねー」と返すこともある。当初はこのはんぱねえが一人歩きして渋谷系などと言われたが他のいろんなフレーズでそれも収まりつつある。


 JGDB−269
演者 もう中学生
ギャグ名
 「ためになったねー、ためになったよー
 

カテゴリー
吉本興業  

ダンボール紙芝居コントを演ずるもう中学生がネタの終わりに使うフレーズ。ネタでいろいろためになることを紹介し終えた後このフレーズで締めくくる。このときダンボールの上に鳥などが居てその鳥達が言っているセリフと思われる。


 JGDB−270
演者 大西ライオン
ギャグ名 「心配ないさー」
 
カテゴリー
吉本興業
 

劇団四季のミュージカル「ライオン・キング」のモノマネがネタの大半を占める。このフレーズは「ライオン・キング」の劇中のセリフと思われる。一目を憚らずに大声で叫ぶ。とにかく大声高い音が命。

 

 JGDB−271
演者 鈴木Q太郎
(ハイキング
ウォーキング)
ギャグ名  「卑弥呼さまー」
 
カテゴリー
吉本興業

鈴木Q太郎は髪を肩すぎまで伸ばしている。その髪の両方を耳辺りで折り返し持って邪馬台国の人間に成りきるもの。大声で「卑弥呼さまー」と叫ぶ。レッドカーペッドではける時は大体言うもこのパターンである。



 JGDB−272
演者 鈴木Q太郎
(ハイキング
ウォーキング)
ギャグ名  「かしこまりましたかしこ」
 
カテゴリー
吉本興業

コントの中で店員に扮することの多いQ太郎。その店員が何かを頼まれると発するウザイ言葉。その他「すいますいませんでしたすいま」などどの言葉にも強引に使おうとする。頻出度では「かしこ〜」が多く代表的になる。


 JGDB−273
演者 
世界のナベアツ

ギャグ名  「ぶっかーけー」
 
カテゴリー
吉本興業

ぶっかけうどんを基に笑いをぶっかけるという意味の今年のナベアツイチオシギャグ。しかし、これも相方の山下しげのりが絡んでいるとのこと。オモロー同様相方には恵まれている。


 JGDB−274
演者 姫ちゃん
ギャグ名  「〜とか言わないのー」
 
カテゴリー
吉本興業

埼玉・春日部出身で春日部のキャバ嬢をしていたことがある。「今夜あなたを逆指名、姫ちゃんでした」にもあるとおりキャバ嬢だったことは間違いない。このフレーズはギャル語から来るものと思われる「〜とか言わないのー、ていうか言わせなーい」と続く。このフレーズだけでキャバクラの客になった雰囲気が味わえる。


 JGDB−275
演者 金田哲
(はんにゃ)
ギャグ名 
「ツッチーツッチーツッチーツッチー 」
 
カテゴリー
吉本興業

金田の「スグダンズンブングン」ゲームで行われる準備態勢に入った時の効果音。「セット」で体勢を保持し、「ツッチーツッチー」でリズムを取る。「セット」の態勢がおもしろくここで笑ってしまう人も結構居る。


 JGDB−276
演者 金田哲
(はんにゃ)
ギャグ名  「ズグダンズンブングン」
 
カテゴリー
吉本興業

「スグダンズンブングン」ゲームのメインにあたる動作。この後「ズグダンズンザンプン」など不定期にセリフが変わっていく。言葉で「ズグダンズンブングン」をはじめとする一連の動作の言葉での説明は大変困難を極めるのでネット上で動画が多数出ているのでそれを参考にして欲しい。

 

各芸人さん関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る 日本ギャグ辞典TOPに戻る