JGDB277〜282 FUJIWARA特集1



JGDB−277

演者 藤本敏史
(FUJIWARA)

ギャグ名 「顔がでかいからや
 

カテゴリー
吉本興業

フジモンのお約束ギャグ。周りの出演者が「空気が薄い」「部屋が狭い」と訴える。それはフジモンの顔がでかいからそうなったとの設定。出演者がそう訴えるとすぐフジモンが「(自分の)顔がでかいからや」とすぐ切り返す。


 JGDB−278

演者 藤本敏史
(FUJIWARA)


ギャグ名 「フジモンハサミ
 

カテゴリー
吉本興業

文房具ギャグ。体でハサミの開閉のまねをする。レッドカーペッドではける時、イロモネアで困った時に飛び出すギャグ。髭男爵の樋口くんの「樋口カッター」と
並ぶ2大文房具ギャグ。


 JGDB−279
演者 原西孝幸
(FUJIWARA)
ギャグ名 「生きる!
 

カテゴリー
吉本興業  

コントを展開しているうちにどうしようもない原西に対してフジモンが「死ね!」と言うと「生きる!」と力強く言い返されるもの。フリートークでもたまに使われる。


 JGDB−280
演者 原西孝幸
(FUJIWARA)
ギャグ名
 「♪テテテテ、テテテテ、テーテー♪」
 
カテゴリー
吉本興業
 

かつて放送されていた日テレの「火曜サスペンス劇場」のCM入りする際の音楽を口で表現したもの。「テテテテ」の部分でこの際手は開いた手に反対側の手の指を1本手のひらに差し「テーテー」の部分で両手を開きながら突き出す。

 

 JGDB−281
演者 原西孝幸
(FUJIWARA)
ギャグ名  「ポクチン」
 
カテゴリー
吉本興業

一休さんのようにとんちを考えて(ポクポクポク)ひらめいた(チーン)と思ったらまた考え直してこれを3度ほど繰り返すと「ポクポクチーン」がいつの間にか合体して「ポクチン、ポクチン」と急に立って踊りだす。この時手を叩きながら足は両ひざを後ろに曲げる。「ポクチン」はフジモンに伝染しやすくフジモンもポクチン踊りをする。吉本の出演者が多い番組では他の芸人にも伝染し皆で踊る。いわゆる「吉本団体芸」と言われているギャグ。



 JGDB−282
演者 原西孝幸
(FUJIWARA)
ギャグ名  「なるほどななるほどなるほどなるほどな」
 
カテゴリー
吉本興業

何かに納得した時に飛び出すギャグ。最初の「なるほどな」の時、左手をグー、右手をパーにしてそれを腹前でパーの手にグーを乗せる「なるほど」ポーズを作る。そこからグーの手、パーの手を交互に突き飛ばしあいながらまた最後の「なるほどな」の時「なるほど」ポーズに戻す。最後の「なるほどな」で顔をアホ顔にする。


各芸人さん関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る 日本ギャグ辞典TOPに戻る