JGDB324〜329 新春特集



JGDB−324

演者 岡田圭右
(ますだおかだ)

ギャグ名 「ガオッアンドワオッ!
 

カテゴリー
松竹芸能

寅年の干支ギャグ第3弾。ただ虎のマネをするだけでよいお手軽ギャグ。どの次期まで引っ張るか微妙である。


 JGDB−325
演者 岡田圭右
(ますだおかだ)

ギャグ名「チュー
 

カテゴリー
松竹芸能

岡田の干支ギャグはねずみ年(2008年)のこの年から始まった。手を3本指にして鼻の前にかざす。相当引っ張ったが認知度はどうか。


 JGDB−326
演者 岡田圭右
(ますだおかだ)

ギャグ名 「ギュー
 

カテゴリー
松竹芸能  

干支ギャグ第2弾は丑年。普通「モー」とくるところだが「ギュー」を選択したギャグセンスは正しいのか。片手で鼻輪の形を作り鼻をつまむ


 JGDB−327
演者
海老一
染之助染太郎

ギャグ名 「おめでとうございまーす」
 
カテゴリー
演芸
 

染之助が芸をし、染太郎がおしゃべり担当であったが、芸が終わった時の決めセリフがこれ。主に2人で言う。お正月名物であったが染太郎の2002年の他界により、染之助がピンでやったり他の芸人さんと組んだりして継承されている

 

 JGDB−328
演者
  海老一染太郎  
ギャグ名
「いつもより多く(多めに)回っております」
 
カテゴリー
演芸

染之助が回転芸(傘の上のマスを回したり、紙風船・鞠を回したり)をしている時、染太郎から出てくる言葉。回った分だけ縁起がいいことを表しているものと思われる。マスの場合は終わりに「益々ご発展!」と更に縁起のいい言葉が続く。

 

 JGDB−329
演者 
海老一染之助  
ギャグ名「これでギャラは同じ」
 
カテゴリー
演芸

芸をしている染之助がおしゃべりだけしている染太郎に対して感ずる思わず出てしまう本音。しかし、染太郎のサポート・おしゃべりがなければこの2人の芸はおもしろみがなくなってしまう。


各芸人さん関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る 日本ギャグ辞典TOPに戻る