JGDB338〜343 爆笑レッドシアター特集



JGDB−338

演者
レッドシアター
レギュラー陣

ギャグ名 「イヤーイヤーヨー 
 

カテゴリー
レッドシアター

嫌なことを音楽に乗せて歌う「イヤーイヤーヨー」ゲームの時のフレーズ。アメリカ民謡「ゆかいな牧場」の替え歌で原曲では「一郎さんの牧場で、イーアイイーアイオー」となるところを「『あ』から始まる嫌なこと、イヤーイヤーヨー」と歌い、次に『あ』から始まる嫌なことを言う。同じメロディーを2回繰り返すことになる。コーナー開始当初はゲスト訪問の形で行っていたが現在はレギュラーメンバーが羊の格好をし「嫌なことを言い」内村が羊飼いの格好で判定をするという原曲を意識したものにセットチェンジした。現日ハムコーチで元千葉ロッテの大村巌(いわお)の応援歌も「ゆかいな牧場」の替え歌で「イワーイワーオー」と叫ぶ。


 JGDB−339
演者 村上健志
(フルーツポンチ)

ギャグ名 「無理ー
 

カテゴリー
レッドシアター

レイコというOL役を演じている村上が何かを要求されると体を震わせ気持ち悪い感じで発する言葉。レイコには彼氏がいてそれを取り巻く男友達みたいな人物の設定の基コントが行われる。


 JGDB−340
演者 コカドケンタロウ
(ロッチ)

ギャグ名 「こにちは
 


カテゴリー
レッドシアター  

「こんにちは根岸」という架空のリアクション芸人を演じるコカド。「こんにちは根岸」のあいさつがわわりのギャグがこれ。親指と人差し指で丸を作り右手を上、左手を下に持っていき体を左右に振らすとともに手を左右に動かす。結構難しいフリである。一般人の前では芸能人ぶってやらないがディレクターが現れるとこのギャグをやりTV出演をアピールする。基本「こんにちは」の「ん」は発音せず「こにちは」という表現になる。


 JGDB−341
演者 コカドケンタロウ
(ロッチ)

ギャグ名 「ちょっと待って下さいよー」
 

カテゴリー
レッドシアター
 

同じく「こんにちは根岸」のお約束セリフ。ダチョウ倶楽部でいうところの「聞いてないよー」にあたる表現手法。「こんにちは根岸」は何か恐ろしいことをやらせられようとするとこの言葉を言うが、わざとらしく言うのがポイント

 

 JGDB−342
演者 亘健太郎
(フルーツポンチ)
ギャグ名 「おったまげー 」
 
カテゴリー
レッドシアター

「コンバット亘」という架空の大物タレントを演じている亘の持ちネタが「おったまげー」である。腕で顔を隠し「おったまげ―」と言うと同時に腕を上下にして顔を出す。コンバット亘には、はんにゃ金田が演ずる「小佐谷」というダメマネージャーが付いておりコント内ではどちらかというと小佐谷の方にスポットが当たっている。


 JGDB−343
演者 
池田・村上・福徳・後藤
(しずる・フルーツポンチ)
ギャグ名 「コッペパン」
 
カテゴリー
レッドシアター

劇団ジョセフィーヌで演技指導を受けている4人(しずる池田・村上・ジャルジャル後藤・福徳)が演技の練習をしていると池田がコッペパン連鎖を始める。「コッペパン」と言いながら手で大きく輪を作り他の3人を順々に輪の中に入れて囲むと他の3人も「コッペパン、コッペパン」と連呼し、池田と同じ動作をしてしまう魔法の連鎖。



各芸人さん関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る 日本ギャグ辞典TOPに戻る