JGDB364〜368 あらびき団特集



JGDB−364

演者 楽しんご

ギャグ名 「ラブ注入
 

カテゴリー
吉本興業
あらびき団
2010〜2011年最大の売れ幅を示している楽しんごもあらびき芸人として登場したのがきっかけともいえる。そのころから芸風は変わらず東幹久のモノマネの後「ドドスドドスコ ドドスドドスコ ドドスドドスコ ラブ注入」の流れは変わっていない。ラブ注入は誰でもマネ出来るが、「ドドスコ〜」の流れの動きははしっかり確認しておきたいところ


 JGDB−365
演者 はるな愛
ギャグ名 「言うよねー
 

カテゴリー
サンズエンタテインメント
あらびき団


「エアあやや」もあらびき芸人としてのブレイクがきっかけと言われる。ブレイク後はこの決めセリフで一躍スターに。エアあややはマネするのが困難な超人技であったため真の芸とも言えよう。渡辺直美のエアビヨンセのモノマネと並びコロッケ初期の形態模写時代を懐かしむ声も出た。なお言うよねーの時は両手で相手を指さす。


 JGDB−366
演者 葉月パル
ギャグ名 「ヘッポコヘッポコピー
 


カテゴリー
パルメディア
あらびき団

パブで人気とされる芸人葉月パル。主にモノマネパブで人気だが昔からのテレビ出演も多いとされ古株の芸人の部類に入りモノマネ界では有名である。あらびき芸人としても人気。武田鉄也のモノマネを中心としながらいろいろな人を挟む。合間のいいところにこのギャグが挟まる形となる。


 JGDB−367
演者 リー5世
ギャグ名 「しばいたろかしばいたろか」
 

カテゴリー
あらびき団

 

リー5世は、アメリカ出身の芸人。あらびき団ではこのギャグのおかげかどうかわからないが一時ロケ企画も任された。日常の悲劇的なことを言いそれに対しオチの感じでこのセリフを超強い口調で一気に2回繰り返し発する。

 

 JGDB−368
演者 みちゃこ
ギャグ名 「共感共感 」
 
カテゴリー
松竹芸能
あらびき団

みちゃこは一応松竹芸能所属のピン芸人である。主に今はあらびき団の常連としての知名度程度だが番組ファンにはすっかり知られている。「共感の歌」を歌いその時の出だしが「共感〜共感〜共感してください」だが共感を促す内容はネタ的にイマイチである。

 

各芸人さん関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る 日本ギャグ辞典TOPに戻る