JGDB385〜389 新旧入り乱れ特集4



JGDB−385

演者 キンタロー。

ギャグ名 「フライングゲット
 

カテゴリー
松竹芸能

キンタロー。の代名詞の前田敦子のモノマネで登場するギャグフレーズ。歌ってない時でもトークの中に押し込んで登場する。フライングゲットを歌い終わった時にも決めセリフで言い放つ。手の動き、足の動きはYouTubeに出ているので確認して使って下さい。


 JGDB−386
演者  間 寛平
ギャグ名 「パパパパ パンプキン
 

カテゴリー
吉本興業

アースマラソンの最中にアメリカで開発されたギャグと言われている。パパパパは普通に言いパンプキンのところで尻を見せる。アメリカでは大好評だったがフランスでは全くうけなかったとのこと


 JGDB−387
演者  寛平
ギャグ名 「なめなめくじくじ なめくじくじ
 


カテゴリー
吉本興業

なめくじのように腹這いになって発する。塩かけないでねと言って締めくくる。


 JGDB−388
演者 村上健志
(フルーツポンチ)

ギャグ名 「ヒザ神」
 

カテゴリー
吉本興業

 

運動神経悪い芸人で村上が何をやらせてもひざが硬直して曲がらないことから尊敬の念も込めて付けられた名称。その他アメトーーク内で特別に値する物が生まれると○○神として崇められる。

 

 JGDB−389
演者 東野幸治
ギャグ名 「どうした!?品川 」
 
カテゴリー
吉本興業

2012年アメトーーク流行語大賞を受賞したフレーズ。プレゼン大会で東野幸治が品川のかつてのガツガツさが無くなったことに対して奮起を狙う意味でそのまま企画名として企画採用された。


各芸人さん関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る 日本ギャグ辞典TOPに戻る