JGDB76〜83 新旧入り乱れ2


 JGDB−76
演者 谷啓
ギャグ名 ガチョーン
 
カテゴリー 
テレ
クレイジーキャッツの一員である谷啓の名前の由来は、ジャズの名手・ダニーケーから取ったモノ。谷啓のトロンボーンは日本でも屈指の奏者として数えられる。ガチョーンは今や国民的ギャグにのしあがった。しかし、手を後ろに引くか前に出すかの論争もあった が、正式には手を後ろに引くのが正しい。

 JGDB−7
演者 植木等
ギャグ名 およびでない
 
カテゴリー 
テレビ
植木等の代表的ギャグだが、以外と若年層を中心に知られていない。正式な流れは、コントの中で、植木が場違いなことをしている設定。そこにコントの他の出演者が咳払いで植木を 囲む。そこで「およびでない。およびでない(2回繰り返す。)これまた失礼いたしました」と言い放ったところでコント終了となる。

 JGDB−78
演者 植木等
ギャグ名 
わかっちゃいるけどやめられない
 
カテゴリー 
テレビ
クレイジーキャッツの代表的ソング、「スーダラ節」の歌詞の一説。ギャグというより、流行語的。戦後日本社会を代表する流行語として語り継がれる。

 JGDB−79
演者 松村邦洋
ギャグ名 バウバウ
 
 カテゴリー 
テレビ ラジオ
松村の代表的ギャグ「バウバウ」は、彼
が師と仰ぐ放送作家高田文夫氏のモノ
マネから来ている。 ニッポン放送の
「ラジオビバリー昼ズ」(関東地区のみ
放送)で共演したのがきっかけとなる。
このラジオ番組を通して数々の流行が
生まれている。

 JGDB−80
演者 松村邦洋
ギャグ名 ピロピロ(ピロピロ飲み)
  カテゴリー テレビ 発生元は分からないが、テレビで松村が新ギャグと称してピロピロ飲みをしたことに由来。両手で 飲み物をつかんで縦笛を吹くように指を動かす。

JGDB−81
演者 大木淳
 ギャグ名 こんばんみー
  カテゴリー テレビ びびル大木の唯一笑えるギャグ。彼に関してはこれ以上コメントしようがない。

 JGDB−82
演者 山崎邦正
ギャグ名 よっしゃこーい
 
カテゴリー
 テレ
山崎邦正の代表的ギャグ。彼はギャグ百連発と称することをたまにやるが、ほとんどがギャグに なっていない。船を漕ぐ要領でよっしゃこーいとやる。

 JGDB−83
演者 まんがトリオ
ギャグ名 パンパカパーン
  カテゴリー テレビ まんがトリオ(ノック・フック・キック)<横山ノック、上岡竜太郎、他1名は名前を知らない>の3人が時事ネタで繰り広げる漫談・コントで節目節目に登場するせりふ。「パンパカパーン、パンパンパパンパ
カパーン。今週のハイライト…」と続く。
 
各芸人関連の本・CD・DVDを探す。ライブラリセンター

お笑い総合大学TOPに戻る
 日本ギャグ辞典TOPに戻る